検査・診断について

  • HOME
  • 検査・診断について

虹工房  名医の診断

建物は数多くの建築材料でできている上、立地条件・風雨にさらされる状態・仕上材の種類などにより、劣化のスピードも程度も異なります。

たとえば、交通量の多い場所なら排気ガスの影響を無視することはできません。

そこで、建物の特徴を設計図などで確認しながら、さまざまな角度から健康状態をチェックします。

虹工房のベテラン・スタッフは「目視」だけで、建物の劣化状態をほぼ把握し、指手で触ってモルタルの風化・塗料の粉体化(チョーキング)・窓サッシのシーリングの硬貨状態などを見る「触診」、小さなハンマーによる打診音で浮きや鉄筋爆裂を調べる「打診」でさらに詳しく調べます。

こうして集めてデータを基に調査報告書を作成し、設計事務所や管理事務所・管理組合などに提出。補修・塗り替え計画の基礎データとします。

画像をクリックすると拡大画像(PDFファイル)がご覧いただけます。

コミュニケーション重視

塗り替えを含むリフォームは、居住者の方々にとって大きな事業です。
虹工房は、チームの一員としてご要望を十分に確認し、塗装のプロフェッショナルとして、的確にアドバイスさせていただきます。そして、修繕計画に基づき施工完了・アフターチェックまでサポートします。

画像をクリックすると拡大画像(PDFファイル)がご覧いただけます。